歌詞

一夜一代に夢見頃

平松愛理

作詞
平松愛理
作曲
平松愛理

一夜一代に夢見頃

見つめ合える日まで

かけひきの途中で 今美人になる

光る迷路くぐり抜けて

輝いたあなたへ

届く神様のデザートは

また新しい恋の味


預かってたあの彼とのペアカップは

もう返しても大丈夫だね

二度と誰も愛さないと 泣いてたあなたは

あの日をちゃんと過去にできた


未来占うより大事な

恋の誕生日に乾杯


一夜一代に夢心地

しゃぼん玉に乗って

見えないゴールだから より美人になる

光る迷路くぐり抜けて

輝いたあなたへ

届く神様のデザートは

また新しい恋の味


一度切りの人生には 悲しみの量が

決まってるなんてなだめたっけ

プラスチックの街の中で うつむかず往けば

いい事あると微笑んだけど


どんな言葉よりもあなたが

自分を信じられたから


一夜一代に夢見頃

いつか叶う日まで

振り向かせたいから 即美人になる

目の前にあるハードルは

越えるために高い

だから神様のデザートは

待つ程甘い恋の味


一夜一代に夢見頃

見つめ合える日まで

かけひきの途中で 今美人になる

光る迷路くぐり抜けて

輝いたあなたへ

届く神様のデザートは

また新しい恋の味

提供: うたまっぷ