歌詞

Marie

REV

作詞
出口雅之
作曲
出口雅之

街角にポツンと飾られた古い映画のポスター

あの日君と見た場面 心を擦り抜けてく

まっすぐな眼差しで手を降る少女のラストシーン

小さく俯いて涙ぬぐってたね


サヨナラも言えないまま傷付け合って別れたけど

いくつも季節が過ぎた今でもまだ胸が痛いよ


Marie Marieあの頃に戻れたなら

Marie 強く抱きしめたい


夕暮れの待ち合わせ何時も遅れてしまったけど

木枯らしに震えながら待っていてくれたね


自分の事しか見えないそんな僕を叱ってくれた

君の優しさが今になって心しめつける


Marie Marieあの頃に戻れたなら

Marie 強く抱きしめたい


バスが走りはじめて手を振るあどけない笑顔が

滲んだまま心に強くやきついてる

街角にポツンと飾られた古い映画のポスター

あの日君と見た場面 心を擦り抜けてく

まっすぐな眼差しで手を振る少女のラストシーン

両手をのばしても君はもう居ない

提供: うたまっぷ