歌詞

これでいいのだ

筋肉少女帯

作詞
大槻ケンヂ
作曲
内田雄一郎

(これでいいのだ)(人生いろいろ)

(セリフ)

いわれなき罪によって 無実の僕は13年間

オリの中に閉じ込められていたのであった

星の夜 散歩の途中 黒い服の人々によって

手錠を掛けられてしまったのであった


どんな夢も(不思議じゃない)

僕は(いつも思うんだ) いくら(つらい事があったって)


これでいいのだ これでいいのだ

これでいいのだ これでいいのだ


(セリフ)

僕には恋人がいたが 彼女の面前

いわれなき罪を暴かれてしまったのであった

証言台に立った彼女は言った

私はあなたを愛しているわ だけど罪は罪だと思うの と…


非常にキビシー (そりゃないぜセニョール)

僕は(いつも思うのさ) いくら(つらい事があったって)


これでいいのだ これでいいのだ

これでいいのだ これでいいのだ


これでいいのだ これでいいのだ

これでいいのだ これでいいのだ


(非常にキビシー)


(セリフ)

13年の刑期を終えて 僕は黒い服の人々に礼を言って

ヘイの外に出た これからはどこへだって歩いてゆける

この2本の足さえあれば 地の果てだってゆける

13年目の春の夜 満天の星空の下 恋人と再会した

私 毎晩祈ってたわ 悔い改めてくれる事を

ねえ これからは2人で罪を償う旅に出ましょう

彼女の手を握り ただ僕は ありがとう ありがとう と涙した

握った彼女の手はなぜか冷たかった

それからの13年間を2人で暮した 幸せだった

14年目の春に彼女は死んだ

僕は満天の星空の下 泣きながら思った

これでいいのだ つらくともこれでいいのだ

テレビの男が言う 西から登ったお陽様が東へ沈む これでいいのだ

そうだ これでいいのだ!

だが しかし… だが… しかし


これでいいのか これでいいのだ

これでいいのか これでいいのだ


これでいいのだ これでいいのだ

これでいいのだ これでいいのだ


(これでいいのだ)

(人生とはなんだ)

提供: うたまっぷ