歌詞

さよならも言わないで

DEEN

作詞
池森秀一
作曲
池森秀一

激しく降る 窓を叩く音

孤独が胸に突きささる


夢であるように何度も願った

君の影がどこにも見えない


仕草は少女 少しわがままで

だけどひたむきに恋してた


さよならも言わないで君は出て行った

突然の事に からだ震え

涙こらえたけれど押さえ切れなくて

いなくなって初めて 心の深さ気付いた


出会った時も 窓がにじんでいた

濡れた髪に奪われた


ラジオからは流れるよ NAT "king" COLE

初めての夜 踊ったモナ・リサ


寝返り打つと そばにいるようで

はしゃいだあの頃探してる


さよならも言わないで季節が変わるよ

涙涸れる頃忘れられるのか

空が泣く日はせめて思い出させてよ

君と過ごした日々を ひとときでいい安らぎに


さよならも言わないで君は出て行った

突然の事に からだ震え

涙こらえたけれど押さえ切れなくて

想いをいま叫びたい I'll never fall in love again


さよならも言わないで季節が変わるよ

涙涸れる頃忘れられるのか

空が泣く日はせめて思い出させてよ

君と過ごした日々を ひとときでいい安らぎに

提供: うたまっぷ