歌詞

鈴木雅之

作詞
西尾佐栄子
作曲
安部恭弘

部屋に置いたままの僕のシャツが椅子の背中に

君は一人きりの時もここにきっと座っている


沸いたコーヒーの湯気 水槽のコバルト なんにも言えないけれど

君がこのまま僕の為に罪を重ねるなら 罰はどうか僕だけに


僕は花の薫り試すように顔を埋めて

君は苦い果実かじるようにそっと眉を寄せた


波にさらわれたなら電話のベルさえも風の音に変わるから

いまは何もかも忘れて君の柔らかさに こうして甘えていたい


ビルの谷間 浮かんでる 二人だけのこの場所


君を連れてこのまま不確かなあしたに 絡んだ指ほどかずに

ハダシのまま砂の熱さにせかされるみたいにどこまでも走れたなら


君がこのまま僕の為に罪を重ねるなら 罰はどうか僕だけに

提供: うたまっぷ