歌詞

ふぞろいの人生

杉田二郎

作詞
たきのえいじ
作曲
浜圭介

水割りが くちびるに沁みる夜は

都会より 色あせた港が似合う

おもいでを 置き去りに急ぐ船を

見送れば あの頃がまぶたをよこぎる


全てを 白紙にして

おまえを抱きしめたい

ふぞろいの人生を あの日から

巻き戻せたら


恋なんて 短編小説だねと

悲し気に いつも つぶやいてたおまえ

しあわせのかけらさえ みせてやれず

意気がって生きていた 無邪気な歳月


逢いたい も一度だけ

ごめんと伝わせてくれ

ふぞろいの人生が音もなく

涙を誘う


全てを 白紙にして

おまえを抱きしめたい

ふぞろいの人生を あの日から

巻き戻せたら

提供: うたまっぷ