歌詞

愛されてばかりいると

井上陽水

作詞
井上陽水
作曲
井上陽水

夜の中をめだちすぎる赤いドレス

闇の中でひかりすぎる銀色のピアス

Baby あなたの指先は

スピーディーな黒猫のよう

男達と出会うごとに指輪を変え

ささやくたび ふちどられる唇のルージュ

Baby あなたの誘惑は

バラエティーな星空のよう


愛されてばかりいると星になるよ

ゆきすぎてばかりいると空にゆくよ


笑いながら 踊りながら 転びながら

口の中へ 胸の中へ そそぎ込むワイン

Baby あなたの喜びは

クレイジーなときめきのそば


愛されてばかりいると星になるよ

ゆきすぎてばかりいると空にゆくよ


どんな夜も パラダイス

喜びだけくり返す

甘いワインに酔わされたままでいるのさ いまも

いつも夜はパラダイス

喜びだけくり返す

恋のゲームに誘われたままでいるのさ


夜が終わり ひとりきりでとり残され

次の夜をむかえるなら眠らせてあげる

Baby 夢見る時だけは

スペイシーな瞳はとじて


愛されてばかりいると星になるよ

ゆきすぎてばかりいると空にゆくよ

愛されてばかりいると星になるよ

ゆきすぎてばかりいると空にゆくよ

愛されてばかりいると星になるよ

ゆきすぎてばかりいるとほんとにゆくよ

提供: うたまっぷ