歌詞

一人のSeason

辛島美登里

作詞
辛島美登里
作曲
辛島美登里

花束とプレゼントを 胸に抱きしめて

おシャレしたカップル達が 街にあふれる頃

デパートのおもちゃ売場 バイトにおわれて

気がつけば一日が 終わろうとしてた


一人のSeason 去年はあなたとすごしたSeason

腕を組んで 頬をよせて 歩く人がいない

ほんとに ほんとに 誰より 誰より

あなたが好きだった それなのにXmas

素直になれずに こわれたハートは

もう戻らない もう帰らない 記憶だけがさまよってる


にぎやかなイルミネイション 雪が降りだして

はしゃぎあうカップル達も 愛をみつめる頃

白い息 最終のバスを待ちながら

売れ残るケーキを横目でみてたの


一人のSeason 二人の幸福

空気のように感じながら 生きた日々が 昨日のことみたい


お願い お願い どこかで どこかで

あなたに届くなら 伝えたいXmas

失くして気づいた あなたのぬくもり

あぁ いつだって あぁ 心から"ありがとう"ってくり返してる


ほんとに ほんとに 誰より 誰より

あなたが好きだった 想い出のXmas

コインじゃ買えない やさしい気持ちを

ねぇ みつけたら ねぇ 今度こそ 私から会いに行くから

提供: うたまっぷ