歌詞

奇跡の詩

寿

作詞
みやぎよしみつ
作曲
みやぎよしみつ

こんなに青い空の下で

今ぼくは一人ぼっちなんです

向こうの白い砂浜で

みんな楽しそうに笑っているけれど

そのうちみんな死んでしまって

ぼくは本当に一人になるんだね

どこかの青い空の下で

ぼくはネコちゃんと生きて行くんだね


ほらもうみんなが向こうで 手を振っているよ


幾日も"鉄の暴風"が

吹き荒れた砂糖きびだらけの島で

それでも生きた奇跡の人は

ぼくに命を与えてくれたんだね

それでもいつかは命は絶えて

みんな消えてなくなってしまうのかな

ねぇそれでもずっとずっとずっと永遠に

魂は魂は必ずここに残ります


ほらもうみんなが笑って 手を振っているよ


道は続いた

道は続いた


アルメニアも アメリカも

日本も 沖縄も スペインも

アフリカも 誰の道も誰の道も

何処の道も誰の道も…

提供: うたまっぷ