歌詞

デイドリーム ジェネレーション

馬渡松子

作詞
リーシャウロン
作曲
馬渡松子

まぶたのウラに憧れだけ 浮かべて眠る季節に Good-bye

遠くキラめくやさしさより ただひとつわがままが欲しい

冷たいガラスの街を くぐり抜けて

その手に触れたい 気持ち たしかめたい


瞳を開けて見る夢だけ 強く抱きしめているよ

風が吹いて 雨が降って 心は揺れても

瞳を開けて見る夢なら 今は傷ついてもいい

この空が勝手なほど 素直になれるよ


気づいたら誰もが孤独で むなしさに少し慣れた Lonely

シラけた昼下がりの一室で ふさいだ顔を持ち上げる

まとまらないディスカッション ぶち壊して

アイディアぶつけよう フキゲンな未来へ


瞳を開けて見る夢には かなりトゲがあるのだろう

人を信じ 嘘を知って 涙が痛いよ

瞳を開けて見る夢には いつもふりまわされてる

この街が勝手なほど 捨てられないのさ


瞳を開けて見る夢だけ きっと手ごたえがあるさ

隙をついて 胸を蹴った 誰かの面影

瞳を開けて見る夢なら 今はせつなくてもいい

この愛が勝手なほど バネにしていくさ


瞳を開けて見る夢だけ 強く抱きしめているよ

風が吹いて 雨が降って 心は揺れても

瞳を開けて見る夢なら 今は傷ついてもいい

この空が勝手なほど 素直になれるよ

提供: うたまっぷ