歌詞

17の頃

斉藤小百合

作詞
売野雅勇
作曲
本間勇輔

まだ眠ったままの街を抜けて

シャツを揺らし

銀のペダル漕いだ

ハイスクールの

球技場へ来たの

アルバムのページを

そっと開くように

朝の光と影が

サッカーコートを

金色とトパーズに

染め分けてゆく

フェンスの向こうを駆けてく

少年たちを

見てたら胸が熱くなった

あの頃 気がつかずに

通り過ぎてしまったけど

いちばん この世界で

綺麗な場所ね

人の17の頃

夢というシールで封印めてる

未来をひとつずつ

その手に入れてね

光の羽根の天使が

ジャージの背中に

空から舞い降りるわ

朝焼けの中

チャペルの影絵が

静かに動いてゆく

時間というグランドの上を

優しい想い出より

勇気がただ欲しかったの

すべてがこの朝から

始まったこと

確かめたかったから

あの頃 気がつかずに

通り過ぎてしまったけど

いちばん この世界で

綺麗な場所ね

人の17の頃

提供: うたまっぷ