歌詞

NIGHT OF SUMMER SIDE

池田政典

作詞
売野雅勇
作曲
NOBODY

アクセルの悲鳴さ軋むタイヤから

見知らぬ女乗せ飛び出したクーペ


追いかける影を振り切りドア閉めた

君は"どこでもいいから走って!"と


出逢いはハイウェイ・ジャンクション

港が見える頃

恋に落ちたと気づいた


Take me to summer side

口づけより優しさが欲しいと

Night of summer side

あどけなさで拒否した瞳は大人だったね


波のない入江並ぶマストの影

肩を抱いて棧橋を歩いたよ


気まずさは苦手なのと急に笑い

腕をすりぬけたね踊るみたいに


優しさはぐらかし何を探してるの

恋に理由はいらない


Take me to summer side

誘うようにデッキへと飛んだね

Night of summer side

背中そらし誰のものにもね

ならないわよってキスしたね


急がないと夏が終りそうだよって

知らない顔で口説くよ


Take me to summer side

淋しさより口づけが欲しいと

Night of summer side

振り返った君の眼差しは

大人だったね

提供: うたまっぷ