伊勢正三 「ほんの短い夏」
再生

ブラウザーで視聴する

伊勢正三 「ほんの短い夏」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

伊勢正三 「ほんの短い夏」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
伊勢正三 「ほんの短い夏」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
伊勢正三 「ほんの短い夏」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
伊勢正三 「ほんの短い夏」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

伊勢正三 「ほんの短い夏」

歌詞

ほんの短い夏

伊勢正三

作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三

都会に星屑を ちりばめた

街の灯も いつかはにじむ時を

恐れていたよ 今夜の「おやすみ」は

いつもとは違うみたい

君は振り向かずに 人波に消えてく

ほんの短い夏 ささいなこと

分かり合えなくて

こんなになるはずじゃ ないのにどうして

いつものように 送ってとは言わないの


どこかに意地悪な

もう一人の 君がいて

ほんとの気持ちだけを 隠してしまうよ

最後の地下鉄が 街の下くぐり抜けて

君が僕の時計 遅らせたと知った

ほんの5分だけの 君の願い

ずっと気付かずに

君が言葉には 出来なかったこと

僕は知らずに 季節は過ぎてゆくよ

ほんの短い夏

風を少し 冷たく感じた

こんなに好きなのは 分かってるくせに

いつものように 送ってとは言わないの

にじんだ夜を ひとり抱きしめたままで

提供: うたまっぷ

関連映像