歌詞

寂しさは秋の色

WANDS

作詞
上杉昇
作曲
栗林誠一郎

変わりゆく 心のような

空は今 この街濡らして

失くした ぬくもりと

君の記憶 たぐり寄せて

寂しさは 秋の色 胸がきしむよ

傷つけあって 生きるなら

愛じゃないから


移りゆく 季節のような

君だけが その胸 焦がして

こわれた雨傘じゃ

雨をしのぐことも出来ない

寂しさは 秋の色

時に溺れて

演じきれない ふたりなら

もどれないだろう

君の言葉 街のざわめき

あどけない その笑顔も

季節終わりの 雨の中

色あせていく


寂しさは 秋の色 胸がきしむよ

傷つけあって 生きるなら

愛じゃないから


寂しさは 秋の色

時に溺れて

演じきれない ふたりなら

もどれないだろう

提供: うたまっぷ