歌詞

ドレス

BUCK-TICK

作詞
櫻井敦司
作曲
星野英彦

鏡の前で君とまどろむ 薄紅の指先

その手は不意に弱さを見せて

唇をふさいだ

あの日 君と約束を交わした

今は二人 想い出せずに

退屈な歌に耳を傾け 窓の外見つめる

僕はドレスをまとい 踊って見せよう

狂ってるかい 教えて

いつか 風にさらわれてゆくだろう

今は二人 想い出せず oh

僕はなぜ 風の様に雲の様に

あの空へと浮かぶ羽がない なぜ

星の様に月の様に全て包む

あの夜へと沈む羽がない ああ


忘れないで 愛あふれたあの日々

君の顔も 想い出せずに

いつか 風にかき消されてゆくだろう

今は二人 想い出せず oh

僕はなぜ 風の様に雲の様に

あの空へと浮かぶ羽がない なぜ

星の様に月の様に全て包む

あの夜へと沈む羽がない ああ

僕はなぜ 風の様に雲の様に

あの空へと浮かぶ羽がない なぜ

この愛もこの傷も懐かしい

今は愛しくて痛みだす ああ

提供: うたまっぷ