歌詞

ウェディング・ベル

シュガー

作詞
古田喜昭
作曲
古田喜昭

ウェディング・ベル からかわないでよ

ウェディング・ベル 本気だったのよ

ウェディング・ベル ウェディング・ベル


オルガンの音が静かに流れて (始まる始まる)

お嫁さんが私の横を過ぎる (ドレスがきれい)

この人ねあなたの愛した人は (初めて見たわ)

私の方がちょっときれいみたい

(ずっとずっときれいみたい)

そうよあなたと腕を組んで祭壇に

上がる夢を見ていた私を

なぜなの教会のいちばん後の席に

ひとりぼっちで座らせておいて

二人の幸せ見せるなんて

ひと言 いってもいいかな くたばっちまえ アーメン


愛の誓いは耳をふさいでるの

指輪の交換は瞳をとじてるの

神父さんのやわらかな通る声が

遠くに聞こえてふらつきそうだわ

そうよあなたから指輪を受ける日を

鏡に向い夢見ていたわ

素顔の自分に言ったの 幸せよって

お化粧する娘はきらいだなんて

あのやさしい瞳はなんだったの

もいちど言ってもいいかな くたばっちまえ アーメン


祝福の拍手の輪につつまれて(私はしないの)

どんどんあなたが近づいてくるわ(私はここよ)

お嫁さんの瞳に喜びの涙(きれいな涙)

悲しい涙にならなきゃいいけど

(そうねならなきゃいいけど)

そうよもうすぐあなたは私を見つけ

無邪気にほほえんでみせるでしょう

そしたらこんなふうに言うのよ お久しぶりね

おめでとう とても素敵な人ね

どうもありがとう招待状を

私のお祝いの言葉よ くたばっちまえ アーメン

提供: うたまっぷ