歌詞

KODO

織田裕二

作詞
真名杏樹
作曲
都志見隆

自動販売機にコイン

2つ投げ込みながら

おまえは少し寒いとこぼす

ビルとビルのすき間じゃ

季節の変わり目さえも

忘れる方がたやすいけれど


夜更けの温もりを

皮のジャケットに入れ

歩けばやけに なつかしい俺

あの日心すり切れ

自分憎みかけては

信じて生きて ここにいるのさ


野球場の上に光る

あれはきっとペガサスだろう

子供のように キレイと思う

言葉じゃなけりゃ 好きだと言える


Ah Birth 熱い熱い 悲しみたちが

眠らない街角で Birth

強く強く おまえを抱けば

鳴り始める また産声を上げるよ

めぐり来る朝の鼓動が


誰も教えない未来

何も書いてない地図

だけど俺には手がかりがある

もしも道にはぐれて

くじけそうな時でも

この情熱を覚えてるなら


夜明けを待つスクランブル

人の群れが埋めるまえに

凍える息よ 空まで届け

動けないほど きらめいてくれ


Ah Birth 遠い遠い人生よりも

新しい俺たちの Birth

深く深く 見つめ合えば

離れたって この胸に伝わるから

夢だけを刻む鼓動が


野球場の上に光る

あれはきっとペガサスだろう

子供のように キレイと思う

言葉じゃなけりゃ 好きだと言える


Ah Birth 熱い熱い 悲しみたちが

眠らない街角で Birth

強く強く おまえを抱けば

鳴り始める また産声を上げるよ

めぐり来る朝の鼓動が

提供: うたまっぷ