歌詞

思い出のビーチクラブ

稲垣潤一

作詞
売野雅勇
作曲
林哲司

思い出のビーチクラブも今は

閉鎖されて

水のないプールだけ…


約束したひといるのとあの日

聞けずに

ボートに隠れてキスした…

本当のことを知るのが怖くて


Stay Gold きらめく

時間の波間に

夏の日のまぼろしたちさ


Stay Gold さよなら

僕に隠して

好きなのと何故してささやいたの


屋根のないクルマで指笛吹く

君だけが20歳のままさずっと


夜通し騒いだ避暑地の夢が

醒めれば哀しい大人になってた

夏のボートで君が僕を呼ぶ


Stay Gold 何でも

分け合えるって信じてた…

幸福さえも


Stay Gold いちばん

大事なものさえ失くしたね

心に嘘をついて


切なさ残して避暑地の夢が

醒めれば哀しい大人になってた

青春のボートが流されてゆくね


Stay Gold 何でも

分け合えるって信じてた…

幸福さえも


Stay Gold 水面に

落ちる涙で

悲しみの深さは測れないよ

提供: うたまっぷ