歌詞

あの唄はもう唄わないのですか

作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三

今朝新聞の片隅に

ポツンと小さく出ていました

あなたのリサイタルの記事です

もう一年経ったのですね


去年もひとりで 誰にも知れずに

一番うしろで見てました

あの唄 もう一度聞きたくて

私のために作ってくれたと

今も信じてる あの唄を…


あなたと初めて出会ったのは

坂の途中の小さな店

あなたはいつも唄っていた

安いギターをいたわるように


いつかあなたのポケットにあった

あの店のマッチ箱ひとつ

今でも 時々とりだして

ひとつ つけてはすぐに消します

あなたの香りがしないうちに


雨が降る日は 近くの駅まで

ひとつの傘の中 帰り道

そして二人で口ずさんだ

あの唄はもう唄わないのですか

私にとっては 思い出なのに

提供: うたまっぷ