歌詞

明日に向って走れ

吉田拓郎

作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎

流れる雲を追いかけながら

本当のことを話してみたい

いつか失った怒りを胸に

別れを祝おう

通りすがりに微笑みを持ち

一人である事を忘れた時

ノアの箱舟が笑って消えた

誰のせいじゃなく

もう君に逢うこともない 心はゆれても

だから

明日に向って走れ こぶしを握りしめて


扉を開けたら いつもの笑顔

約束だから 散歩もしよう

夢は消えたんだ そよ吹く風よ

人は悲しいね

求めあう愛は いつも届かず

残り火だけに体を寄せて

つかれた横顔いつもの唄

さよならだけだと

ほらおなじみの友が来たよ 何か話せよと

だけど

明日に向って走れ 言葉をつくろう前に


季節が僕をはこぶ

一日を抱きしめながら

この肩の重き罪を

明日はとき放て


だから

明日に向って走れ こぶしを握りしめて

提供: うたまっぷ