歌詞

思秋期

岩崎宏美

作詞
阿久悠
作曲
三木たかし

足音もなく行き過ぎた

季節をひとり見送って

はらはら涙あふれる 私十八


無口だけれどあたたかい

心を持ったあのひとの

別れの言葉抱きしめ やがて十九に


心ゆれる秋になって 涙もろい私

青春はこわれもの 愛しても傷つき

青春は忘れもの 過ぎてから気がつく


ふとしたことではじめての

くちづけをしたあのひとは

ごめんといったそれっきり 声もかけない


卒業式の前の日に

心を告げに来たひとは

私の悩む顔見て 肩をすぼめた

誰も彼も通り過ぎて 二度とここへ来ない

青春はこわれもの 愛しても傷つき

青春は忘れもの 過ぎてから気がつく


ひとりで紅茶のみながら

絵葉書なんか書いている

お元気ですかみなさん

いつか逢いましょう


無邪気な春の語らいや

はなやぐ夏のいたずらや

笑いころげたあれこれ 思う秋の日

提供: うたまっぷ