歌詞

夏をかさねて

今井美樹

作詞
佐藤純子
作曲
柿原朱美

窓をあけたら 夏が手招きしてる

南の壁で傾く 陽差しのリトグラフ

潮の香りと はずむパーコレーター

カップをふたつ並べて もうすぐTea time


ほら こぼさないでね

夢中でフットボールみてるの その横顔


I love you 好きなもの そのまま追いかけてね

ふたりきりでいること 忘れてしまうほど

音のない昼下がり 泳ぐように

あなたの海 自由に遊んでいてね


風のベランダ 白い湯気のアイロン

バークレー負けた…とひとり あなたはすねてる

ねぇ…銀の波 明日もきっと晴れる

背中につぶやくけれど きこえない m-


ほら 生成りのシャツを

大きくはおったら あなたに包まれてる


I love you 好きなもの 好きなままつかまえてね

まっすぐに見つめる ひとみが好きだわ

ぜいたくな退屈を 楽しむのよ

手に追えないいとしさ きりがない程


夕凪に時間さえ 止まった海

輪郭を失った光に とけてゆく

あたりまえの夏を くりかえして

だれよりも 特別なふたりになる

提供: うたまっぷ