歌詞

となりの町のお嬢さん

吉田拓郎

作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎

となりの町のお嬢さんが

僕の故郷へやって来た

都会の香りふりまいて

夢を見させてくれたんだ

好きになっちまったんだョ

初めて知った口紅の味

僕の胸は はりさけそう

月夜の晩にさそわれて

大人になると 決めたんだ

長い髪は 夜露にぬれて

青い月が可愛いい女の

エクボの上でゆれてるよ


となりの町のお嬢さんに

僕は心もささげたい

忘れる事は出来ないよ

白い胸で眠りたい

好きになっちまったんだョ

ステキな君は町の人だ

いつか帰ると知ってるさ

切符を二枚 買っちまえばいい

二人で恋の汽車ポッポ

夜風が君のうなじを見せる

おもわず僕は可愛いい女の

くびれた腰を抱きしめる


となりの町のお嬢さんは

僕を残して行っちゃった

約束よりも早い汽車で

何も言わずに帰ったよ

キライになっちまったのかョ

となりの町の風に乗って

そんなウワサを耳にした

お嫁に行ってしまったんだネ

娘心と秋の空

海辺の町は夏の終わりと

すっぱい恋でミカン色に

知らんふりして 暮れて行く

となりの町のお嬢さんは

今年の夏の忘れ物

提供: うたまっぷ