歌詞

セーラー服と機関銃

薬師丸ひろ子

作詞
来生えつこ
作曲
来生たかお

さよならは別れの 言葉じゃなくて

再び逢うまでの 遠い約束

夢のいた場所に 未練残しても

心寒いだけさ

このまま何時間でも

抱いていたいけど

ただこのまま 冷たい頬を

あたためたいけど


都会は秒刻みの あわただしさ

恋もコンクリートの 篭の中

君がめぐり逢う 愛に疲れたら

きっともどっておいで

愛した男たちを 想い出にかえて

いつの日にか 僕のことを

想い出すがいい

ただ心の片隅にでも 小さくメモして


スーツケースいっぱいに つめこんだ

希望という名の 重い荷物を

君は軽々と きっと持ち上げて

笑顔見せるだろう

愛した男たちを かがやきに替えて

いつの日にか 僕のことを

想い出すがいい

ただ心の片隅にでも 小さくメモして

提供: うたまっぷ