歌詞

じんじんさせて

山本リンダ

作詞
阿久悠
作曲
都倉俊一

一人二人恋の相手は星の数

誰も彼も花をかかえて扉を叩く

悪い気はしないけど眠らせて


望むものはすべてその手に抱くがいい

好きな時に好きなところへ行くがいい

この世界君のためあげると云う


だめだめ女を口説くのは

どこにもあるよな手じゃ駄目よ

心がじんじん

しびれてみたい


朝も昼も夜もかまわず押しかけて

愛で金で地位であれこれ口説くけど

それじゃまだ燃えないわ

あきらめて


一人二人恋の相手は星の数

誰も彼も悪い男じゃないけれど

抱かれてもいいなんて思えない


男ぎらいなんて云われちゃ困るけど

今はそっとひとりベッドで眠るだけ

くちづけも唇はやめにして


だめだめ女を口説くのは

どこにもあるよな手じゃ駄目よ

心がじんじん

しびれてみたい


前に膝をついてこの手にくちづけて

大の男涙流してすがるけど

それじゃまだ燃えないわ

あきらめて

提供: うたまっぷ