歌詞

それぞれの秋

アリス

作詞
谷村新司
作曲
谷村新司

陽溜まりの坂道に立ちどまり

通りすぎる学生を見ていた

俺もあの頃はあんなふうに

きらきらと輝いて見えたろう

授業にも出ずに お茶を飲みながら

くだらない夢を話した

突然おこった不精ひげのおまえも

噂では苦労していると

今も忘れられないのはあの時の言葉

幸せになろうなんて思っちゃいけない

愛した女ひとりと 苦労を共に出来たなら

そんなささやかな人生も きっと悪くはない

夢 散りじり夏はすぎ去り それぞれの秋


たしか去年の初夏の頃 届いた一通の手紙には

旅好きなあいつのおふくろから

痛々しいほどの細い文字

ある雨の朝 見知らぬ町で

自ら命を終えたと

母に残した一行の言葉

悲しみだけが人生

今も忘れられないのは あいつの口ぐせ

人は自分の死に場所を捜すために生きる

ささやかに生きている友達の人生とは一体何んだろう

あざやかに死んだ友達の人生とは一体何んだろう

夢 散りじり夏はすぎ去り それぞれの秋


今では二人の思い出も 忘れかけるほどの毎日

ふと立ちどまる道端に 悲しいほど赤い落日


夢 散りじり夏はすぎ去り それぞれの秋

夢 散りじり夏はすぎ去り それぞれの秋

提供: うたまっぷ