歌詞

ベージュのパンプス

平松愛理

作詞
平松愛理
作曲
平松愛理

心が裸足で駆け出して

スニーカー踏んだタラップは 南行きのTrain

何でも叶うと 夢の風 なびかせた時代


ベージュのパンプスと鉛色のBuilding

似合いすぎる習慣に息苦しくて

かかとが向きを変え ガラス戸押せば

今日は休みにしようと決めた


あの日乗り込んだ South Train

思い出の私に会いに行く 今 時間を戻るのよ


心が裸足で駆け出して

スニーカー踏んだタラップは 南行きのTrain

何でも叶うと 夢の風 なびかせた時代


窓のスクリーンが巻き逆した風景

古ぼけた駅のベンチ 近付いてくる

悲しいといつでも 視界の端に

にじませては 心座らせた


背に掛けられてる Sign Board

見送ってくれた空や風も あの時と同じなのに


心が裸足でいられずに

いつの頃からか パンプスを

心にはかせて

何でもできると 人の波 背のびしてたヒール


心が裸足で駆け出して

スニーカー踏んだタラップは 南行きのTrain

何でも叶うと 夢の風 なびかせた時代

提供: うたまっぷ