歌詞

虹がきらい

平松愛理

作詞
平松愛理
作曲
平松愛理

海岸線 腰かけるように

雨上がりの島へと 虹のプリズム

しめった砂 風に投げるから

七色のかけらたち はやく逃げてよ


あの通りを ビルを公園を そしてあなたを思い出を

忘れたくて ここへと飛び立った

だけど私

あの日の風が 太陽が 沈む夕日がもっと好き

あなたのいないきれいな虹が 大嫌い

空よ 今すぐ雨を降らせて


透き通る海 白い壁の家

バンガロー咲くオレンジ 教会の鐘

陽気なbrown eyes 笑顔返せたら

恋は誰かのものじゃないと気づいた


もう新しい人といるあなたへ書くのよ Air Mail

私の愛は彼女のものじゃない

愛している

すぐに帰るわ 痛みがつけた空への足跡の

ひこうき雲を大きな虹が 消す前に

私 正直を守ってゆく


あの通りを ビルを公園を そしてあなたを思い出を

忘れなくて 今やっと分かった

だって私

あの日の風が 太陽が 沈む夕日がもっと好き

あなたのいないきれいな虹が 大嫌い

いつか 二人きりで眺めるの

信じてる

提供: うたまっぷ