歌詞

贖罪

尾崎豊

作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊

静かに佇む色褪せた街並み

すこしづつ言葉を無くしてく僕がいる

日常僅かな仕事でつなぎ止め

無表情な人波に紛れ込み凍えてる

何を待ち続け何を求めるの

名もない日々が 訳もなく微笑む


時の流れすら見失いそうになる

凍えた日差しに怯えてるそれだけさ

孤独なのか安らぎと呼べるのか

この暮らしに名を付けるというのならば

何処へ行くのだろう 何処へ辿り着く

名もない日々が訳もなく微笑む


僕は知っていた これが僕の暮らしだと

偽りを知る度 真実に戸惑う

風は柔らかに時を運んでゆく

寂しい心を優しくそっと包むから

何を待ち続け 何を求めるの

名もない日々が 訳もなく微笑む

提供: うたまっぷ