歌詞

音楽のような風

EPO

作詞
EPO
作曲
EPO

去り行く夏の日差し

パラソルでよけながら

ひとりぼっちのカフェで

お茶を飲むのが好きよ


あの夏ふたりここで

決めた悲しいさよなら

音楽のような 風に吹かれていたら

あなたが今背中越しに

呼び止めた気がして

音楽のような 風のいたずらなのね

かたちもなく溶けた氷

グラスで揺れただけ


プラチナの首飾り

テーブルにはずしたら


「すててくれよ」とあなた

困った顔をしたわ


罪なき恋と呼べる

ティーン・エイジまぶしい思い出


音楽のようなくちづけをくれた後

力もなくひとみそらす

せつないプロフィール


音楽のような風の吹く街角で

私達の恋の季節

アルバムを閉じたの

私達の恋の季節

アルバムを閉じたの

提供: うたまっぷ