歌詞

素敵なルネッサンス

平松愛理

作詞
平松愛理
作曲
平松愛理

泣きたくなるような青い向かい風

時間の架け橋を戻ったら

今日やっと逢える

あの日光ってた笑顔の宝石

同じ輝きで又 こぼれたら

素敵すぎるParty


あなたから声をかけるなんて

あんなshyな人だったのに

雪の坂道ではじめて手をつないで

少しも寒くないねと笑った

金の第二ボタンだけでは

恋と呼べないまま


乾杯で沸いた歓声の波に

あおられて今頃

楽に云える大好きだったの

上手く生きるのに私があなたが

いつか変わっても きっとここなら

心が出逢える


ほんの些細なことだったのに

ずっと意地張っててゴメンね

そして口もきかず迎えた卒業を

今まで悔やみ続けていたから

あれくらい純粋な想い

あなた最後にした


あの頃よりずっと素直な大人へ

時がプレゼントした

今日までが二人のルネッサンス

あの日光ってた笑顔の宝石

同じ輝きで又 こぼれたら

素敵すぎるParty


あの頃よりずっと素直な大人へ

時がプレゼントした

今日までが二人のルネッサンス

あの日光ってた笑顔の宝石

同じ輝きで又 こぼれたら

素敵すぎるParty

提供: うたまっぷ