歌詞

さよならいとしのBaby Blues

鈴木雅之

作詞
安藤秀樹
作曲
安藤秀樹

水たまりけって走り出した君の背中が

遠ざかる思い出が凍る

見慣れたネオンライト ぼやけてこの眼の片隅

人込みにこの身をまかせて


後悔するよ きっと こんなさよならは

今日までの二人 どこへ 消えてしまうのか


追うことさえ 出来なかったのは 俺の方で

泣くことしか 出来なかったのは 君の方で

春も夏も秋も冬も 君はそばにいたのに

さよなら いとしのBaby Blues


橋を渡る時決まって君が囁いた

きれいな高速の灯

心はたたずみこのあらゆる東京の風が

片隅で憂いでいる


後悔するよ きっとこんなさよならは

くちづけのたび 自惚れるほど信じた


追うことさえ 出来なかったのは 俺の方で

泣くことしか 出来なかったのは 君の方で

雨も雪も砂も風も 同じ道を歩いたのに

さよなら いとしのBaby Blues


後悔するよ きっと こんなさよならは

今日までの二人 どこへ 消えてしまうのか


追うことさえ 出来なかったのは 俺の方で

泣くことしか 出来なかったのは 君の方で

春も夏も秋も冬も 君はそばにいたのに

さよなら いとしのBaby Blues


追うことさえ 出来なかったのは 俺の方で

泣くことしか 出来なかったのは 君の方で

雨も雪も砂も風も 同じ道を歩いたのに

さよなら いとしのBaby Blues

さよなら いとしのBaby Blues

さよなら いとしのBaby Blues

提供: うたまっぷ