歌詞

情熱

斉藤由貴

作詞
松本隆
作曲
筒美京平

屋根に哀しみ乗せた列車の

デッキに立ってあなたVサイン

時計の影の下で泣き笑いする

私を元気づけるように

決して好きになってはいけない

自分に嘘をついて生きてたの

別れの切符胸に押し付けた手を

冷たいねって暖めたでしょう

さよならねって言い出したのは

私の方が先だったのに

動き出す汽車 最後の握手

まだほどけない 離せない

情熱 情熱 愛が燃えてる


ホームの端に二人倒れて

遠いレールの響き聞いていた

優しい腕で強く抱いてくれたら

子供のように泣きじゃくるわ

もしもあなたを嫌いになれたら

今の不幸はきっとかわせるわ

だけど心は雪に閉ざされたまま

たぶん一生悔やむでしょうね

さよならねって言い出したのは

私の方が先だったのに

燃える瞳で見詰められたら

嘘がつけない あなたが好き

情熱 情熱 愛が燃えてる

情熱 情熱 愛が燃えてる

提供: うたまっぷ