歌詞

卒業

斉藤由貴

作詞
松本隆
作曲
筒美京平

制服の胸のボタンを

下級生たちにねだられ

頭をかきながら逃げるのね

ほんとは嬉しいくせして

人気ない午後の教室で

机にイニシャル彫るあなた

やめて想い出を刻むのは

心だけにしてとつぶやいた


離れても電話するよと

小指差し出して言うけど

守れそうにない約束は

しない方がいい ごめんね

セーラーの薄いスカーフで

止まった時間を結びたい

だけど東京で変わってく

あなたの未来は縛れない

ああ 卒業式で泣かないと

冷たい人と言われそう

でも もっと哀しい瞬間に

涙はとっておきたいの


席順が変わり あなたの

隣の娘にさえ妬いたわ

いたずらに髪をひっぱられ

怒ってる裏ではしゃいだ

駅までの遠い道のりを

はじめて黙って歩いたね

反対のホームに 立つ二人

時の電車がいま引き裂いた

ああ 卒業しても友だちね

それは嘘では無いけれど

でも 過ぎる季節に流されて

逢えないことも知っている


ああ 卒業式で泣かないと

冷たい人と言われそう

でも もっと哀しい瞬間に

涙はとっておきたいの

提供: うたまっぷ