歌詞

Melody

沢田知可子

作詞
沢ちひろ
作曲
財津和夫

寒がりな肩に

季節を感じて

すくんだ胸 抱いて歩く


あなたがいた頃

すれ違う人も

こんな街も 優しかった


ねぇ

哀しいことが ある度 いつも

なつかしい歌 思い出すって

口笛、吹いていたね


ただ何もかも 夢に変えられるほど わたしたち

強くなれない代りにいつも そっと心 寄せて

瞳に眠る涙 起こさないよう くちづさんだ

あの歌がほんとうに 好きだった あなたが

あなたが遠い


三日月がとまる

ビルの影を踏み

ひとり、夏の終わりを見た


でも

ほんのわずかな 愛のためだけ

生きてみるのは 忘れたくない

あなたじゃなくっても


ただ何もかも 臆病にする 幸せも知って

私の心はつい、素直になれないの 今は

雨にもたれて 夢見るように瞳を閉じたら

ため息がくちづさむ あの日の、あの日の せつないメロディ

提供: うたまっぷ