歌詞

Scrambling Rock'n'Roll

尾崎豊

作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊

俺達何かを求めてはわめく うるさいRock'n'Roll Band

誰も見向きもしない Scramble交差点で歌っている

ごらんよ 寂しい心を閉ざして歩くよ Hard Worker

自分のくらしが一番自分を傷つけると泣いてる


俺達遠くの街から 少しの金にぎりやってきた

思う存分もはしゃぎまわれず

Jungle Landに 迷いこむ


Scramblin'Rock'n'Roll


通りすがりの 着飾ったあの娘は クールに夜を歩く

悲しませるもの すがりつけるもの 胸にいくつかかかえ

俺達そんな見知らぬ彼女を 夢中にくどいている

彼女の胸の上 優しい光ともして眠りたい


睡眠不足の Sleepy Boy

闇には孤独と 夢を織りまぜ

おびえた心のアクセルふかしても

街からは逃げられやしねえよ


Scramblin'Rock'n'Roll


自由になりたくないかい

熱くなりたくはないかい

自由になりたくないかい

思う様に生きたくはないかい

自由っていったいなんだい

どうすりゃ自由になるかい

自由っていったいなんだい

君は思う様に生きているかい


さかりのついた獣の様に 街はとてもDangerous

入口はあっても出口はないのさ

奪いあっては さまよう街角


自由になりたくないかい

熱くなりたくはないかい

自由になりたくないかい

思う様に生きたくはないかい

自由っていったいなんだい

どうすりゃ自由になるかい

自由っていったいなんだい

君は思う様に生きているかい


寂しがりやの君の名前すら 誰も知りはしない

Scramble交差点では 心を閉ざし解りあうことがない

どんなふうに生きてゆくべきか わかってないねBaby

君の恐がってる ぎりぎりの暮しなら

なんとか見つかるはずさ


奪いあいの街角で 夢を消しちゃいけないよ

見栄と偏見のふきだまり

気をつけて まっすぐ歩いてほしいよ


Scramblin'Rock'n'Roll


Scramblin'Rock'n'Roll

奪いあいのRock'n'Roll

提供: うたまっぷ