歌詞

1969の片想い

稲垣潤一

作詞
秋元康
作曲
桑村達人

最終バスに乗って 君が帰って来た

コレクトコールどこかでくれれば

迎えに行ったのに

あいつと切れたらしい

噂で聞いてたよ 憧れの都会の暮しに

疲れたみたいだね


1969の僕は君を好きになって

時はあれから光のように

1969の僕は言えなかったけれど

天使の弓をずっと待たせていた


本当の気持ちなんて

いつも変わらないさ

悲しみを詰めたトランクは

二人で持てばいい


1989の僕は君と見つめあえば

今でも胸が切なくなるよ

1989の僕はポニーテールの頃の

まぶしい君にずっと片想いさ


泣かないで 泣かないで 泣かないで

僕の胸に 遠回りしてきただけだよ

ハイスクールのロッカーで

将来の夢話した あの頃の僕達に

君も僕も戻ればいいのさ


愛なんて幾つになっても 近すぎて見えない


1969の僕は君を好きになって

時はあれから光のように

1969の僕は言えなかったけれど

天使の弓をずっと待たせていた


1989の僕は君と見つめあえば

今でも胸が切なくなるよ

1989の僕はポニーテールの頃の

まぶしい君にずっと片想いさ

提供: うたまっぷ