歌詞

ぼくたちの失敗

森田童子

作詞
森田童子
作曲
森田童子

春のこもれ陽の中で

君のやさしさに

うもれていたぼくは

弱虫だったんだョネ


君と話し疲れて

いつか 黙り こんだ

ストーブ代わりの電熱機

赤く燃えていた


地下のジャズ喫茶

変われないぼくたちがいた

悪い夢のように

時がなぜてゆく


ぼくがひとりになった

部屋にきみの好きな

チャーリー・パーカー 見つけたョ

ぼくを忘れたカナ


だめになったぼくを見て

君もびっくりしただろう

あの子はまだ元気かい

昔の話だネ


春のこもれ陽の中で

君のやさしさに

うもれていたぼくは

弱虫だったんだョネ

提供: うたまっぷ