歌詞

紙ヒコーキ

松任谷由実(荒井由実)

作詞
荒井由実
作曲
荒井由実

あてはないけど 紙ヒコーキに

愛のことばを走り書きして

くすんだレンガの街をみおろす

窓のかたちに広がる空へ

とりとめのない気ままなものに

どうしてこんなにひかれるのだろう


とりとめのない気ままなものに

どうしてこんなにひかれるのだろう

屋根にのぼると 空は近いよ

あたまをひくく雲が流れる

風のきらめき はねにたたんで

紙ヒコーキは 空のかなたへ

空のかなたへ

空のかなたへ…

提供: うたまっぷ