歌詞

黄昏ゆく街で

尾崎豊

作詞
尾崎豊
作曲
尾崎豊

57番街に吹く小さな風に

二人肩をすぼめて歩き続けた

待つ人もなくただ二人手をつなぎながら

僕は煙草に火を点けて 街は悲しくうつろう

壁の落書きには 思い出すものもない

何時誰が書いたのかすら

僕らは知らないけれど

雨に打たれ風にさらされ

時の過ぎゆくままに愛を

育んでいる二人に何処か似ていると

君の温もりの中

見つめていて 僕だけのこと


街には花がない 灰色の空が

上目づかいで歩く二人には見える

触れ合えば何時もきっと悲しみの傷みも

一筋の光の瞬きに救われればいい

枯れた噴水の淵に 僕らは腰掛けて

夢見る訳でもなくただ無口になっている

誰かが奏でる題名のない音楽に

耳を傾けていると

君を見失いそうさ

肩を抱き寄せてみるけど 遠くに感じる

見つめていて僕だけのこと


ベッドの中で夢見る 何時しか二人の心

優しくなれると胸の傷みをこらえながら

寝息をたてて眠る君の頬に

優しく愛しくくちづけて

髪を撫でるとぼんやりと僕を見つめて

こう聞く「ねぇ これでいいの…」

見つめていて 僕だけのこと

提供: うたまっぷ