歌詞

風は南から

長渕剛

作詞
長渕剛
作曲
長渕剛

僕の家の屋根は 高く空を切り

窓辺から下に家並みを見おろす

朝露にぬれた桜の葉が

朝の光にキラキラ輝いている


今頃君はまだ 深い深い眠りの中

この僕の想いよ君の街まで吹いて行け

そして君の胸に突き刺され

今 風は南から


白い鳩が大空を舞う

夏の朝の光を目指してまっすぐに

僕は大地を両足で踏みしめ

風が吹くのをじっと待っていた


沈黙を破り捨て 今高い高いうねりが

この僕の想いよ君の街まで吹いて行け

そして君の胸に突き刺され

今 風は南から

提供: うたまっぷ