歌詞

流恋情歌

CHAGE&ASKA

作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼

やけに冷たい雨が降る 傘もささず一人歩き

別れ話を終えた日の 暗く沈んだ帰り道

何もかもが ぼやけて見える

悲しいわけじゃないけれど

今日のおまえのやけに割切った

その態度がくやしいだけさ


いつまでたっても この雨は

止みそうにない雨なんだな

いつまでたっても この雨は

止みそうにない雨なんだな


どうせ止まない雨ならば いっそ激しく降ればいい

雨に心があるならば 俺の心を流しておくれ

もう少し もう少し お互い

センチになっても良かった

別れ言葉を選んだ俺に

お前は笑いをひとつ


まるで別れに慣れてるように

慣れすぎているように

おまえは言った うつむいて

この先恋なんて いくらでもあるから


いつまでたっても この雨は

止みそうにない雨なんだな

いつまでたっても この雨は

止みそうにない雨なんだな

提供: うたまっぷ