歌詞

思い出を盗んで

オフコース

作詞
小田和正
作曲
小田和正

誰にでもやさしくするから

それだけ私が離れている


止めどなく押しよせてくる

不安な気持はあなたのせい


あなたの代わりに誰かを愛せない

行かないで


喋りすぎた冬の日の午後は

こぼれ落ちた愛の始まり


まるであなたは見知らぬひとのように

かけがえのない思い出を盗んで

眼の前で背を向けた

呼びとめても


すべて生命あるもののように

流れるままに身を任せれば


すべて生命あるもののように

やがて訪れる永遠の眠り


すべて生命あるもののように

提供: うたまっぷ