歌詞

明け方の君

CHAGE&ASKA

作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼

慌てて履いた靴で 朝の駅に向かう

信号待ちのショーウィンドーで髪を直しながら


昔も今も僕は 同じ朝を繰り返して

誰も聞かない君の事 いつまでも包んだまま


明け方の君は あの日の笑顔で

恋人のまま シーツを抱いて

僕の夢にまぎれ込んで遊んでた


もう君を忘れたいと思うよ 今は

君を愛してたくらいに 愛したい人が居る


彼女は僕の中の 君までも愛せる人

いつか君に告げたよりも 聞かせたい言葉がある


想い出の君は 心の継ぎ目を

恋人のまま 歩いて来た

僕の恋にまぎれ込んで 戻りたい振りをする


君は心で 君は遠くで 綺麗な人で


明け方の君は あの日の笑顔で

恋人のまま シーツを抱いて

僕の夢にまぎれ込んで遊んでた 遊んでた

提供: うたまっぷ