歌詞

もう一度キスしたかった

B'z

作詞
稲葉浩志
作曲
松本孝弘

眩しい夏につかまえた

強く しなやかな指先

寂しい人ごみの街で

抑えていた恋を

ぶつけあった

本気に傷つくこと

恐れない澄んだ瞳が

雨の午前六時に

出て行く僕を包んで Oh…

曇る窓 優しく響かせて

流れる歌が哀しかった

ふりかえる あなたを

抱き寄せて

もう一度 キスしたかった

再会はすぐに訪れ

やがて迷いはなくなり

秋の扉 たたくまで

心寄せあい歩いてた

二人違う場所でしか

叶わぬ夢を持ってるから

わずかな時間しか

残ってないと知っていた

Oh…

燃え上がる

想いははかなくて

逢えない日々が

また始まる

安らぎと偽りの言葉を

何一つ言えないままに

約束は交わされることなく

揺れている恋は泡のよう

ふりかえる あなたを

抱き寄せて

もう一度 キスしたかった

木枯らしが

過ぎようとする頃

痩せてしまった

二人の灯に

誘われて あなたは

やってきた

決断を吹きかけるため

穏やかな笑顔 作りながら

出会いを

悔やむことはないと

言い聞かせ

グラスを開けた時

これが最後だと頷いた

白い息 さよなら告げた後

車に乗り込んでゆく時

ふりかえる あなたを

抱き寄せて

もう一度 キスしたかった

提供: うたまっぷ