歌詞

紅い陽炎

B'z

作詞
稲葉浩志
作曲
松本孝弘

渇きかけた心に

小さな ひびひとつ

互いのそれを

触れ合った 夏の日

消えゆく季節に ふたり

逆らうように 炎を産んで

抱き締めるほど君は

消えてしまいそうで

戸惑いの中 熱く

乱れ羽ばたいた

君の昔 僕のいま

これから… 何を囁く

知ることの

痛みもいくつか知ったよ

夜を越えるたびに

ふたり ただの男と女

何もかも許し合えば

また迷いはじめる

言葉とぎれても 今

そばにいよう(Ah)

瞳を見たい

黒い髪に口づけたい

隠しきれない想いが

とめどなくあふれる

このままか これ以上か

愛の形 何が欲しい

傷つくのは かまわない…

いつまでも傷つけない

強く魅かれてゆくほどに

眠れぬ日は続く

肌に触れたい

君の気配を感じたい

雑踏の中に立ち

その名を叫びたい Yeah

胸を焦がし続ける

情熱の淵で

力尽きるまで 踊れ

紅い陽炎

提供: うたまっぷ