歌詞

風の中の火のように

KAI FIVE

作詞
甲斐よしひろ
作曲
甲斐よしひろ

だれかが必要になり 名前をよびたい

傷あとがうみはじめ 一人じゃあいられない

胸にすがり 強く抱いていてほしい

孤独な叫びの中 夜毎そんな夢をみる


そんな時 君の名をよぶ

寒さに目がさめ 自分を抱く

風の中の火のように Ah

かけられたコート そのぬくもりが君なんだ


みんな悦び なげうち 痛みとつきあってく

凍てつく夜のふち すぎさった愛によろけ

目を泣きはらしもろく 雨の中に立つ

孤独な夢の最中 湧いてくる勇気がほしい


そんな時 僕の名をよんで

寒さにふるえ 自分を抱く

風の中の 火のように Ah

射しこむ光 そのぬくもりが僕なんだ


ラララーラ ラララーラ

ラララーラ ラララーラ

ラララーラ ラララーラー


なぜみんな 一人でおどる

悲しみ秘め みえぬ相手と

激しい叫び おしかくし Ah

いやだ一人きりは このぬくもりが愛なのに


風の中の 火のように

風の中の 火のように

風の中の 火のように


火のように

火のように

火のように

提供: うたまっぷ