歌詞

約束の橋

佐野元春

作詞
佐野元春
作曲
佐野元春

君は行く 奪われた暗やみの中に

とまどいながら

君は行く ひび割れたまぼろしの中で

いらだちながら

いつか孔雀のように 風に翼を広げて

西の果てから 東の果てまで

休みもなく 車を走らせてゆく


君は踊る 閉じたバラのつぼみの前で

背伸びしながら

君は踊る くるおしくミツバチの群れを

すり抜けながら

いつか燕のように 風に翼を広げて

街の果てから 森の果てまで

振り向きもせず 車を走らせてゆく


今までの君はまちがいじゃない

君のためなら 七色の橋を作り

河を渡ろう


君は唄う あわただしげな街の中を

かたむきながら

君は唄う 焦げた胸のありのままに

ためらいながら

虹の橋のたもとで 河の流れを見つめて

月の岸辺から 燃える砂漠まで

終わりのない夜を くぐり抜けてゆく


今までの君はまちがいじゃない

君のためなら橋を架けよう

これからの君はまちがいじゃない

君のためなら河を渡ろう

提供: うたまっぷ