歌詞

ざけんじゃねえぞ

峰竜太/松本明子

作詞
及川眠子
作曲
かまやつひろし

一、(男)よくあることと慣れてはいても

フラれるたびに 胸の隙間に

ひゅるひゅる 風が吹き抜ける

男に生まれて損しただけさ

(女)「何ドラマやってんのよ!」

くよくよしてても ツキはまわらない

恋する現在だけ勝負じゃないの

(男女)たかが人生 されど人生

Umm のほほん生きても大丈夫

悲しいなんて ざけんじゃねえぞ

いつでも心のそばにいるから


二、(男)大人でしょうと念を押されりゃ

あふれる涙 ぐっとこらえて

ツイツイ 見栄もはりたがる

素直になれない俺ってせつない

(女)「じょーとーじゃん!」

いちいち細かいことは気にしない

私が味方になってあげるから

(男女)たかが人生 されど人生

Umm なんとかなるさで平気だよ

途中で投げちゃ ざけんじゃねえぞ

夢見る気持ちがいちばん大事


三、(男)男も歳をかさねるたびに

優しさばかり また期待され

ぎくしゃく いつも揺れている

いいひとなんかでいたくはないよ

(女)「だからダメなのよ…」

トゲトゲ生きても同んなじ一生

青空みたいな Oh! 脳天気

(男女)たかが人生 されど人生

Umm のほほん生きても大丈夫

悲しいなんて ざけんじゃねえぞ

いつでも心のそばにいるから

(男女)たかが人生 されど人生

Umm なんとかなるさで平気だよ

途中で投げちゃ ざけんじゃねえぞ

夢見る気持ちがいちばん大事

(男)「ざけんなよ!」

提供: うたまっぷ