歌詞

北風~君にとどきますように~

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

今 君がこの雪に気付いてないなら

誰より早く教えたい 心から思った


小さなストーブじゃ窓も

曇らないような夜

毛布を鼻まであげて君のことを考えるよ

だけど知らないことばかりで

思い出せることは

斜め40度から見たいつもの君の横顔だけ


さっきよりひどく窓がないてる

カーテンそっと開けて僕は言葉なくす


北風がこの街に雪を降らす

歩道の錆びついた自転車が凍えている

今 君がこの雪に気付いてないなら

誰より早く教えたい 心から思った


どれだけたくさんの人に

囲まれていても

なぜか一人でいるような気持ちが

ずっときえなくて

でも無理に首を横に振っていたけれど

きっと誰もが

みんな違うとはいえずにいるはず


誰かを愛したその時から

家族の意味さえ変わってしまう


手の届く距離で君を

感じる度に

かっこ悪い位何も話せなくなるよ

明日もしこの雪が積もっているなら

小さく好きだといっても

君に聞こえない


北風がこの街に雪を降らす

歩道の錆びついた自転車が凍えている

今 君がこの雪に気付いてないなら

誰より早く教えたい 心から思った


北風がこの街に雪を降らす

歩道の錆びついた自転車が凍えている


明日もしこの雪が積もっているなら

小さく好きだといっても

君に聞こえない

提供: うたまっぷ